季節を先取りしすぎてない?

こんにちは、雪ノ下です。
僕はフリーのライターをしているんですが、全然売れっ子でもなんでもないので、収入はサラリーマンをしている方がずっとあると思います。
貧乏ライターなんです。
両親と同居なので、お金をそんなに使わない生活だからやってけるのかな、と思っています。

友人に言わせると、僕は「ニートライター」らしいです(苦笑)
でも、文章を書くのが好きなので、この仕事は気に入っています。
最近は、クラウドワークスやランサーズといったWebのマッチングサイトで仕事をする機会が増えましたね。

というか僕自身、営業は苦手だし、人付き合いも特な方じゃないので、仕事のほとんどはウェブでのクラウドソーシングになっています。
それで最近思ったのが、季節を先取りするのがだんだん早くなってきているということです。

クラウドソーシングで、文章作成の仕事内容を見ると、まだ8月後半だというのに、年末商戦用の文章作成案件が多いんです。
例えば、カニ通販の文章だとか。年末の大掃除のコツについて書いて欲しいとか。
年賀状印刷のためのデザインや文章作成の案件も増えてきてますね。
そうした仕事を受注すると、暑くて暑くて大変な日に「年末も近づいて、寒くなってきました」という文章を書くことになります。
ほんと、季節感がぐちゃぐちゃになる仕事だな〜ッと思います。

ランドセルなんかすごいですよね。
今は5月とか6月からCMが流れてじゃないですか。
ランドセルのターゲットって、おじいちゃんおばあちゃんらしいですよね。

だから、お盆に帰省した時に、おじいちゃんやおばあちゃんがランドセルを孫に買ってあげるという図式だそうで。
だからめちゃくちゃ季節を先取りするわけです。
実際に子供がランドセルを背負って入学式を迎えるのが4月なのにね。
その間に流行が変わったらどうするんだろう?と思いますが、そもそも流行を作っているのはランドセルメーカーなので、その辺は戦略的に動いているんでしょうね。

でも思うんですが、こうして季節を先取りしすぎると、日本人の四季の感覚がおかしくなるんじゃない?と思うんです。メーカーも消費者も、慌てすぎなんじゃない?
ランドセルなら2月ごろから買っても遅くないし、年賀状も11月後半になってからでもいいじゃないですか。

他者に先んじて、顧客を囲い込もうという狙いは分からなくはないですが、なんだか浅ましい気もしてね。
まあ、そんなこと言っていると仕事がなくなるわけですが。。。
もっと季節に応じてのんびりと生きてもいいんじゃないかとも思いますね。

 

頻尿に悩む日々。

どうも、雪ノ下です。
30代半ばになると、多分僕と同じような悩みを抱えている人もいるんじゃないかと思います。
勿体つけた言い方で失礼しました(笑)

実は最近、頻尿に悩んでいるんです。
要するにオシッコが近いということですね。若い頃はそんなこと全然なかったんですが、ここ半年くらいで急に、ですね。

友人のバンドのADをしているんですが、ライブの前にトイレに行っているのに、ライブの1時間の間にもう、用を足したくなってくるんです。
そうなると、ライブに集中出来ないし大変ですよ。

頻尿って、50歳を超えたくらいの悩みかなと、漠然と思っていたのにショックです。
だから頻尿を治す方法について色々調べてみました。
すると、こんなサイトを発見↓
http://www.ノコギリヤシexの効果.xyz

そもそも、頻尿っていうのは前立腺のトラブルが原因だそうで。その前立腺の炎症何かを沈めてくれるのが、ノコギリヤシって言う植物らしいです。
へ〜っと思って、バンド仲間にそれとなく探りを入れたところ、なんと2人が頻尿に悩んでいることが発覚しました。

しかも、ノコギリヤシの存在をすでに知っていて、ノコギリヤシを使ったサプリを服用しているやつが一人(笑)
まじか、みんな悩んでいたんた。僕一人だけじゃないと分かって、心が軽くなりましたよ。
最近は、30代で前立腺トラブルに悩む人も多いようですよ。
ノコギリヤシの効果ですが、服用しているバンド仲間によると、確かに効果あるとのことです。
そいつ、ライブ中は平気な顔して演奏しているし、トイレに行きたい素振りも見せないので、効果あるんだと思います。

中年バンドの体型がヤバいことになってきた

雪ノ下です。
中年バンドは相変わらず絶好調でライブをしています。
僕もギターを初めて、少しはうまくなったように思います。まだライブで披露する腕前じゃないですが。。

さて、30代中盤の中年バンドが密かに気にしているのが、自分たちの体型のことです。
みんなそれぞれ、中年太りでお腹が出てきてるんですね。

でも、ライブの時にみんなお腹の出たスタイルというのは、すごく恥ずかしいわけです。
いくら衣装をマネキン買いして格好つけても、肝心の体型がおっさん化していると、何も意味が無いわけです。
まあ簡単に言うと、ステージに立つのがみっともないということですね。

そこで、メンバーみんなのお腹をへこませるためにプロジェクトを立ち上げることにしました。
みんな普段はサラリーマンや自営業で忙しくしているので、私生活の食事や運動まで管理するのは不可能です。
まして僕らはプロじゃないので、そこまでストイックになる必要もない。

ということで、食事管理と運動管理について、「ダイエットプロジェクトシート」と銘打ったシートを自作して配りました。
毎月の運動量や摂取カロリーの目安を書いて、おすすめの食事メニューや運動メニューも紹介するという形のものです。

これをメンバー全員に配って、それぞれで管理してもらおうという寸法ですね。
そもそも、脂肪を落とすには、こんな方法もあるんですが↓
http://www.皮下脂肪漢方.xyz

このサイトで紹介されている防風通聖散もプロジェクトシートに紹介しておきました。
目標は、次のライブ(3ヶ月後)までにそれぞれ1キロ痩せること!

ライブはエネルギーを使うし、案外動くので、太った体だと消耗が激しいんですね。
だから、よりエネルギッシュなステージになるようにするのが、目標です。

ライブで困った、中年メンバーの衣装

こんにちは、雪ノ下です。
最近、バンドのADだけじゃなく、自分でも楽器ができるようになりたいと思い、ギターを始めました。
ディープ・パープルが好きなので、バンスコを買って来て練習しています。
でも全然上手くならないですね。30代というのはそんなもんでしょうか。
まあじっくり、ゆっくり練習しようと思ってます。

さて、先日僕達のバンドが小さなスタジオでライブをしたんですが、結構盛り上がりましたよ。
中年バンドなので、あまり激しいことは出来ませんが(笑)、観客も中年は多いし、わりと落ち着いた感じでしたが、それでも盛り上がりました。

やっぱりバンドは面白いですね。
さて、そんなライブで困ったのが、メンバーの衣装のことです。
僕たちは普段はあまり服にこだわりがなくて、Tシャツにジーンズというのが定番スタイルなんですが、ライブとなればもうちょっと格好つけたいですよね。

でも30代になると、何が流行っているのか、どんな格好すればオシャレになるのかが全然わからないんです。
そこでネットを調べたところ、マネキン買いという方法を発見。
マネキン買いって、要するにお店の格好いいマネキンがあるじゃないですか。
ばっちりとコーディネイトを決めたマネキン。

そのマネキンが着ているコーディネイトをそっくりそのまま買うという方法です。
このサイトには、マネキン買いの情報が書いてありました。

http://www.マネキン買い30代.site

早速、マネキン買いでメンバーの衣装を揃えました。
でも、各人がばらばらにマネキン買いをしたもんだから、ライブではバラバラの衣装で、全然統一感が無かったです。
まあ、観客はそんなところに注目はしていないと思うので、よしとするか。

栄光と危機!友人のバンドのADをしていた時の話

雪ノ下と申します。30代中盤の男性です。職業はフリーのWebライターをしています。
神奈川で両親と同居しています。
この歳で同居なんで、当然独身ですね。なかなかいい出会いがないんですよ。
フリーのWebライターなんか、収入も少ないですし。

趣味はバンド活動、というか、友人たちのバンドのADをしています。
楽器ができないもので・・・

そのバンドの話ですが、12年近く前に高校時代からの友人がバンドを立ち上げることにしました。
友人はロック、メタルがジャンルのベーシストで、バンド活動でヒットするのが子供の頃からの夢で、それに向かって本格的に動き出す、と友人などに宣言しました。

主にやっていたのは、Bon Joviとか、Kissとか、ディプパープルなんかのコピーをしていましたね。
地元神奈川から学生時代に縁のあった蒲田へ移り住み、居酒屋でアルバイトをしながらバンド活動を始めました。
メンバーは友人のツテで集まってきた人々で、ボーカル、ギター、ドラムと揃うのにそんなに時間はかかりませんでした。

僕は当時新卒でサラリーマンをしていて、スーツを着て社会に順応させられるのにちょっと嫌気が差していたので、そのバンドの夢語りに感化されて、ADとしてお手伝いをしたいと申し出ました。

今は無き「カフェスタ」というSNSでライブの告知をし、大ヒットはしませんでしたが、一回のライブに3人から5人ほどは客が付くようになりました。
3〜5人くらいなので、彼らのバンドの実力は推して知るべきでしょう(笑)

しかしその中で、友人のことを妄信的に好きになり、他の客に悪口を言って攻撃する危険な常連客が現れたんです。
まるでストーカーのようで、一時期は「俺は刺されるかもしれない、ライブ中は監視しといてくれ」と護衛を頼まれたりしました。

またその友人の元カノもバンドメンバーになりましたが、ワガママな人であり、なかなかのサークルクラッシャー具合で…

結局バンドは一年半ほどで解散しました。
しかし、10年経った今になり、友人は既婚で生活が落ち着き、またバンドを再始動するという連絡を受け、僕も再びADとしてお手伝いをすることになったんです。

10年ぶりのバンド活動ですが、やっぱり面白いです!生活にハリができました。
メンバーは前の時とは全然違って、いい人ばっかりでよかったです。
僕も楽器やってみようかな・・・